人道的な危機を救う。ロッド&コーン技術による遠隔医療

人道的危機における遠隔医療

医療を提供する場合、遠隔地や孤立した地域では、資源が非常に限られている傾向があります。このような地域の医療従事者がグローバルな専門知識を利用することで、患者の予後を改善し、さらには命を救うことができるのです。 

だからこそ、医療従事者と患者のコミュニケーションを円滑にする技術は、医療の最前線に直接恩恵をもたらすのです。では、Rods&Conesの遠隔手術支援技術は、遠隔医療においてどのような役割を果たすことができるのでしょうか。

遠隔医療とは?

遠隔医療とは、患者さんと医療従事者の間の様々なチャネルを介したコミュニケーションを促進する技術の総称です。eヘルス、mヘルス、デジタル医療、遠隔医療などとも呼ばれる。遠隔医療は、電子カルテからライブストリーミングによる手術まで、さまざまな形態で行われています。軍や非政府組織(NGO)が紛争地域や遠隔地で医療支援を行うために利用されることが多くなっています。 

Rods&Conesのリモートアシスタンスサービスを利用することで、ユーザーは世界のどこにいても、アシスト役の外科医や医療従事者とリアルタイムで安全に接続することができます。つまり、最前線で働く医師が、世界の別の場所にいる手術の専門家に瞬時にアクセスし、必要な時に必要な場所で専門的な指導やサポートを受けられるのです。 

遠隔医療はなぜ重要か?

医療従事者が現場に出るとき、それが紛争地域であろうと、人里離れた田舎であろうと、彼らは非常に特殊な手術の技術を持って到着します。しかし、万が一、専門外の手術が必要なケースに遭遇した場合、現地での知識が限られている中で、どこでどのように専門知識にアクセスすればよいのでしょうか? 

特に紛争地域では、専門家のアドバイスに瞬時にアクセスできることが生死を分けることがあります。避難は通常、危険でコストがかかり、移動時間のために生存の可能性に悪影響を及ぼします。専門家に瞬時に接続し、肩越しのアドバイスを受けることで、コストを抑えながら臨床的成功の可能性を高めることができます。同時に、外科医のトレーニングにもなり、外科医は学んだことを今後の症例に生かすことができます。

遠隔医療により、医師は手術室(OR)の外から医療を提供し、移動手段や交通手段が限られている患者とつながり、自宅から遠く離れた患者に対して緊急医療を提供することが可能になります。ロッズ&コーンの技術により、医師は移動の必要なく命を救うことができるのです。 

また、この技術により、特定の手術に関する現地での知識を得るための手術トレーニングが容易になります。世界各地にいる第一線の専門医が、トレーニングプログラムの一環としてライブ手術を共有することができます。さらに、手術室内に設置された複数のビデオフィードを介して、手術する外科医に詳細な指示を与えることもできます。

Rods&Conesはどのようにお役に立てるのでしょうか?

Rods&Conesテクノロジーは、医療現場での遠隔支援を可能にするプラットフォームです。 

環境を提供します。開腹手術と低侵襲手術の両方に対応するよう設計された当社のキットには、リアルタイムでORにリモートアクセスするために必要なものがすべて含まれています。 

セットアップが簡単で安全に接続できるこの機器は、ORと医療従事者の間で双方向の音声通信とライブ映像のフィードを提供し、複雑な手順で他の施術者を指導したり、現場で働く外科医がその分野の専門家ではない場合も知識を共有するのに役立ちます。 

ロッド&コーンズは、外科手術の専門知識を民主化し、地球上で最も過酷な場所に、より良い患者ケアを提供します。その違いをご覧ください。 デモを予約する: 今日から 

関連記事

営業に相談する