病院スタッフと医学生のための次世代トレーニング

実地手術へのアクセスが限られていることは、有資格の専門家、研修医、医学生を問わず、外科トレーニングの主な障壁の1つである。論理的に、仲間や研修生のグループが、ORで働く有資格の外科医を観察したり、外科医の視点から手技を見たりすることは困難である。

外科的知識の進歩が安定した死体供給に依存していたビクトリア朝時代以来、外科手術の実演に対する需要は供給をはるかに上回ってきた。これまでは。

プレゼンテーションスライドのパーフェクトパートナー

多くの教育がそうであるように、医療研修も一般的にはプレゼンテーションを中心に展開される。それは悪いことではないのだが、医学的な知識を伝えるのに最も魅力的な方法とは言えない。それはまるで、実際に手を動かしてボンネットを汚すのとは対照的に、理論だけを読んで力学を学ぶようなものだ。 

 

もちろん、医学の世界では、他の学問分野と同様、学習者は理論と実践の両方を必要としている。しかし、だからといって、学習がプレゼンテーション・スライドに限定されるべきではありません。Rods&Cones遠隔通信プラットフォームと、スマート手術メガネを含むコンパクトでポータブルなハードウェアキットを使えば、外科分野で働く教育者は、ライブ手術セッションを教育実践に取り入れることができる。 

 

 

「Rods&Conesを使ったセッションは、学生を安全な方法で手術室に連れて行くことができ、教育の可能性を大きく広げることができます。重要なのは、学生を手術や病理学、患者をより良くすることに熱中させることです。"

- アムステルダム・アカデミック・メディカル・センター(AMC)大腸外科医、ユリアーン・タインマン博士

 

 

 

解剖学と病理学を学ぶより良い方法

アムステルダム・アカデミック・メディカル・センター(AMC)のユリアーン・タインマン博士は、通常、解剖学と病理学をスライドを使って教えている。しかし最近、彼は従来の教授法を、Rods&Cones技術を使ってライブ手術セッションを共有するという別のアプローチで補っている。

手術中のテュインマン医師と彼のチーム。

 

手術のリモートビュー

講義室にいる約50人の医学生と実際の手術室を、次のような方法で接続した。 

コンピュータとRods&Conesキットを使うことで、Tuynman医師は、手術のライブ映像をスクリーンに映しながら、学生たちとインタラクティブなセッションを行うことができるようになった。これにより、学生は解剖学と病理学の両方について質問し、Tuynman博士はライブ映像とともに口頭で説明することができるようになった。

 

このアプローチはまた、病理学の基礎に関する理論的な学習と、実際の外科手術の実践的な経験を結びつけるのに役立っている。

 

外科教育の近代化 

次世代の医療専門家を育成するには、従来のプレゼンテーションに基づく学習だけでは不十分であることは明らかである。オンデマンドの動画コンテンツで育ってきた若い世代に手を差し伸べ、参加してもらうには、よりダイナミックで実践的なアプローチが不可欠である。  

 

医学生に開腹手術の比類ないビューを提供することで、Rods&Conesキットを使用した没入型体験は、従来の教育方法の限界を超越します。学生たちは、リアルタイムで、複数の角度から、かつては想像もできなかったレベルの詳細な外科手術を観察することができます。この実体験は、解剖学、手技、外科チーム間の複雑な力学に対する理解を深める。

 

Rod&Conesテクノロジーは、単に手術室を見やすくするだけでなく、医学生が手術の複雑さに積極的に取り組める環境を作り出している。その利点を考えてみよう:理解力の向上、定着率の改善、そして外科手術の習熟度の向上である。教育方法を近代化することで、学生は自信を持って自分の役割に踏み込む力を与えられ、患者の生活に具体的な変化をもたらす準備ができている。 

 

同時に、この先進的なアプローチを教育や学習に取り入れることで、病院や大学は、医学教育や技術の最先端にとどまるというコミットメントを示すことができる。このことは、より広い医療コミュニティに、高度なスキルを持ち、先見性のある医療従事者を輩出することに投資しているという明確なシグナルを送ることになる。

 

 

 

この革新的な指導法を実際にご覧になりたい方は、ビデオをご覧ください。 このリンク

Rods&Conesテクノロジーが、あなたの医療機関における医療トレーニングと教育をどのように変えることができるか、ご興味がおありですか?話しましょう! お問い合わせ

営業に相談する