手術室内外の効率化

手術室内外の効率化

手術室では、昼夜を問わずあらゆることが起こり得ます。手術は通常、週明けに予定されていますが、この完璧な計画に何が介入してくるか、予測することは不可能です。

しかし、これは手術の効率を改善できないという意味ではありません。実際、現在の技術では、時間、コスト、効率のすべてを簡単に改善することができます。


ベスト・レイド・プランズ

病院の手術室では、通常、月曜日と火曜日が一週間のうちで最も忙しい日です。なぜか?なぜなら、週の始めには多くの手術が予定されているからです。これは基本的に、その週の残りの期間、患者を確実に回復させ、次の予定患者のためのスペースを確保するための方法である。

しかし、ご存知のように、医療は単純なものではありません。実際、患者さんに手術が必要な場合、計画的であれ緊急であれ、立ち会う必要があるのは外科医だけではありません。さらに専門的な知識が必要な場合は、執刀医を含む器械師、看護師、その他の専門家のチームも利用できるようにする必要があります。

最も忙しいときには、1日に予想以上の緊急手術が入ることもあります。その結果、予定されていた手術が後回しにされてしまうのです。これは外科医に大きなプレッシャーを与えるだけでなく、アテンディングチームが常に直接対応できるようにしておく必要があることを意味します。


スペシャリストの時間を効率化する

ステントや人工股関節など、インプラントの取り付けが必要な場合、医療機器の専門家も必要です。従来は、外科医が必要な機器情報をすべて把握できるように、手術前に立ち会う必要がありました。

手術中に彼らの製品知識が必要とされることもあります。しかし、手術室には入れないので、万が一に備えて待機していることになります。

しかし、デバイスの専門家がカバーすべき地域は広く、すでに時間が限られていることを考えると、デバイスメーカーが同時に多くの病院にサービスを提供するには、スタッフを増員するしかない。

製品スペシャリストの人件費を考えると、いかにコストがかさむかは明らかです。つまり、手術を受けるすべての患者さんに最善の治療を提供するためには、すべての関係者に大きな経済的負担がかかるということです。


テクノロジーを仕事にする

これらの理由から、Rods&Conesのチームは、スマート手術用メガネの開発にたゆまぬ努力を続けています。現在、デバイスの専門家と主治医は、手術室にいなくても待機することができます。

サポートが必要なとき、外科医はQRコードを見て必要な専門家に「ダイヤル」するだけで、瞬時に手術の全貌を見ることができるのです。

このようなソリューションにより、時間を大幅に節約できるのはもちろんのこと、デバイスの専門家が移動に費やす時間(年間約4万km)を考えると、彼らの二酸化炭素排出量の削減も大きな意味を持つことになるのです。

また、外科医は同じ機器の専門家にいつでも頼ることができ、必要なサービスを提供するために外出する必要がある担当者の数が減るため、コスト削減にもつながります。

手術中の情報やアドバイスにオンデマンドでアクセスできることは、あらゆることを考慮しても必要不可欠です。その必要性は優先されなければなりません。しかし、その必要性を満たす方法は、より効率的に進化する必要があります。そして、バリューチェーン内のすべての人に利益をもたらす方法で、与えられた時間内に利用可能な専門知識を補完する必要があります。

というくらいにシンプルです。

関連記事

営業に相談する