投資対効果。ヘルスケアにこれまで以上に重要な意味を持つ理由

Return On Investment(投資収益率)_なぜ、これまで以上にヘルスケアに重要なのか?

ROI(Return On Investment)は、長い間、商業的な関心事でした。しかし、私たちの日常生活にもある程度浸透しており、最近では医療分野でも使われることが多くなっています。

しかし、病院が患者をある種の交換可能な資産とみなしているわけではありません。決してそうではありません。また、医療従事者が商業的に達成すべき「ノルマ」を持っているということでもありません。この文脈では、ROIは、スペース、スタッフ、機器などの利用可能なリソースを最大限に活用して、より良い患者アウトカムを達成することに関連しています。

また、ステントから人工股関節まで、使用するデバイスの最適な設定方法を外科医にアドバイスする医療技術者の役割も含まれます。このため、つい最近まで、担当する地域で予定されているすべての手術に、MRが物理的に立ち会う必要がありました。

非効率性

COVID-19が流行し、手術室への入室が制限される以前から、医療技術や医療現場全体に取り組むべき非効率性があることは明らかでした。

例えば、多くの営業担当者が常に外出し、病院間の距離を移動しながら、せいぜい30分程度の対面でのアドバイスを行っていたのでは、時間的にもコスト的にもエネルギー的にも決して効率が良いとは言えません。

地理的な問題も大きかった。地域内に病院が多ければ多いほど、手術の件数も多くなる。その結果、手術に立ち会うために、より多くの専門的な医療技術スタッフが必要とされたのである。

プロフェッショナルの育成にかかる高いコストと1件に費やす時間、そしてMRが通常の週に訪問できる件数の少なさを考慮すると、バランスよくROIはもっと改善されるはずです。

しかし、少なくとも私たちのスマート手術用メガネのような技術が登場するまでは、他に方法がありませんでした。

エキスパートをつなぐ。どこでも

医療技術担当者が自宅で仕事をする場合、通常は電子メールや電話などのキャッチボールをすることになります。しかし現在では、遠隔ビデオアクセスのおかげで、ほとんどどこからでも仕事をすることができます。

ビデオ会議で初診を行うことができるほか、相手がスマートサージャリーグラスを装着していれば、医師が見ているものをリアルタイムで見ることができます。

切開、製品挿入、使用された器具のすべてが、外科医自身と同様にMRに明確に表示されます。このため、MRは2分でも2時間でも、必要な時間だけ接続すればよいのです。移動なし。待ち時間もありません。

定性的・定量的

このように、ROI は定量的であると同時に定性的なものでもあるのです。手術室にすぐにアクセスでき、リモートワークで時間を稼ぐことができるため、MRは1週間に参加する手術の数を文字通り2倍、3倍に増やすことができる。

質的な面では、MRが地理的な制約を受ける必要性は完全に否定されます。むしろ、特定の専門分野に特化することで、世界のどこにいる外科医にもアプローチできるようになります。

このモデルもスケーラブルです。手術件数が増えても、スマート手術用メガネがあれば、必要な数の医療機器専門家が、必要に応じてダイヤルを回すだけです。

患者さんの転帰に与える影響 

最も有能な人材が手術に携われば、患者の予後は保証されます。そのプロセスがより時間効率的で費用対効果の高いものに合理化されれば、医療のビジネスエンドも利益を得ることができるのです。

最終的には、セールスレップの関わり方が効率的であり 遠隔操作で手術に参加すればするほど 1日に、より多くの患者さんを救うことができるのです。

というくらいにシンプルです。

営業に相談する