Rods&Cones、AAOS Congress 2023でvisORキットを発表

AAOS Congress 2023で、整形外科手術中の遠隔支援にRods&Cones visORキットを使用する医療従事者のグループ。

AAOS(米国整形外科学会)大会は、世界最大級の大会です。今年は20,000人以上の参加者がありました。 医療機器部門から650以上の出展があり、AAOS Congress 2023は、Rods&Conesが新しいvisORキットを業界関係者と共有するのに最適なイベントでした。

整形外科とRods&Cones、その相性の良さ

整形外科は、革新的な技術の導入が進んでいる分野といえるでしょう。その一因は

スポーツ医学はもちろん、人工関節置換術、外傷、脊椎損傷、手首、足首など、非常に多くの専門分野がその傘下にあるからです。

これらの専門分野では、ロボットなどの医療機器を多用するため、その分

 は、リモートアシスタンス技術から大きな利益を得ようとしています。それは、経験豊富な同僚をオンラインにして手順を指導したり、メドテック担当者に機器の操作をサポートさせたりすることです。 

デジタルフィードを手術室(OR)に接続できるRods&Conesテクノロジーは、整形外科手術と非常に相性が良いのです。そのため、AAOS Congress 2023は、医療関係者とMedTech担当者の両方にとって、当社の新しいポータブルvisORキットに触れることができる素晴らしい機会となりました。

 

visORキットを米国で発売した理由

当社のスマート手術用メガネは、既存顧客(大手多国籍医療ブランド)から、手術に使用するための需要があります。 

米国市場に参入したのは、2020年代初頭のことでした。それ以来、私たちは国内での関係や足跡を増やしてきました。

米国では、遠隔地の病院と、現地に常駐していないMedTech担当者をつなぐために、Rod&Conesの技術が活用されています。病院のスタッフは、当社のキットを使って担当者とつながり、直接製品サポートを受けることができます。これを実現するためには、安全な遠隔支援プラットフォームとスマートグラス(外科医の目線)が不可欠です。

これは、合理的で携帯性に優れたvisORキット(医療従事者が見ているものをMRが見てコミュニケーションをとることを可能にするウェアラブル)の助けを借りて行われます。このようにテクノロジーを活用することで、MRのサポート環境をオンデマンドで開放し、ORの外に持ち出す可能性があります。

 

ポータビリティとリモートコネクティビティの力

いつでも、どこでも」接続が可能で、バックパックにも入るようなポータブルなハードウェアがあれば、医療システムにおけるさまざまなユースケースに新しい可能性が広がります。 

この技術は、医療従事者がセカンドオピニオンや専門家を必要とするあらゆる場面で有益です。例えば、ICUの看護師が複雑な傷のある患者に対して専門的な指導を必要とする場合、あるいはロカムが専門外の領域で仕事をする場合などです。

人材不足から医療知識の偏在まで、visORキットは遠隔地の専門家へのアクセスを可能にし、一度に多くの場所にいることを可能にし、医療の専門知識を民主化します。同時に、このポータブルキットを医療現場に組み込むことで、最も必要なときにオンデマンドのピアツーピアサポートをいつでも利用できるようになります。 

 

visORキットは、Rods&Conesのラインアップに加え、新たにvisORキットの詳細をご紹介します。 このリンク.

私たちの技術がどのようなものなのか、手にとってご覧ください。 デモを予約する:

 

関連記事

営業に相談する