グローバルなクレフトケアに対応した遠隔プロトタイピング

Dr. usama hamdan リモートプロクター

グローバル・スマイル・ファウンデーション共同設立者兼代表。 ウサマ・ハムダン医学博士、FICSは、過去35年にわたり、アウトリーチ型裂孔治療を提供してきました。マサチューセッツ州ボストンを拠点とする彼の非営利財団は、現在、4カ国で学際的なアウトリーチ裂孔治療を提供し、いくつかの教育イニシアチブも行っています。  

ハムダン氏は、同財団が行っている遠隔採点プログラムの一環として、Rods&Conesのデバイスをどのように活用しているかを話してくれました。

 

裂孔治療技術の最先端を行く

グローバル・スマイル・ファウンデーション は、エクアドルにおける裂孔手術の最大手であり、裂孔手術全体の約半数を占めています。エクアドルにセンターが設立された後、レバノン、ペルーにも同様のセンターを展開する予定です。グローバル・スマイル・ファウンデーションは、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)、赤十字、ユニセフなどの国際組織と連携しています。

 

裂孔手術のほかに、50~60人の専門家ボランティアチームが、包括的な裂孔ケアサービスの一環として、言語、歯科、歯科矯正、社会的サポートを提供しています。5年前、財団は、各国の外科医やその他の裂頭医療従事者の能力を高め、強化するために、包括的な裂頭医療ワークショップ(www.cleftworkshop.org)を立ち上げました。このワークショップでは、裂孔治療の世界的リーダーたちが、約500人の参加者と専門知識を共有することができます。

 

9年以上にわたって拡張現実手術に携わってきたグローバル・スマイル・ファウンデーションは、それをピアレビュー誌に発表した最初の組織です。過去7年間は、拡張現実を利用して現地のパートナーを訓練しています。

 

手術室外からの高精度なガイダンス

ロッド&コーンの技術は、医療の質と患者の転帰を改善する大きな可能性を秘めています。ハムダン博士は、エクアドルやトルコにいる同僚に、遠隔手術支援を通じて、0.5mmのマーキングや切開に至るまで、非常に正確なガイダンスを提供しています。

 

世界のトップ外科医が手術のたびに現場で直接対応することができないため、遠隔検診は専門家の育成と医療の質の向上を可能にするツールの一つです。グローバル・スマイル・ファウンデーションは最近、持続可能な裂肛ケアのためのロードマップを発表しました。ハンズオンやフェローシップ・トレーニング、ワークショップなど、より幅広いトレーニングパッケージの一環として、遠隔手術支援技術は、医療専門家が世界中で手術のスキルや技術を共有し、向上させるのに役立つと考えられています。

 

包括的なクレフトケア教育

 

"Rods&Conesを使えば、遠隔地にいるエキスパートと同等の力を発揮することができます。例えば、リップのマーキングで同僚の一人を指導しました。"

 

- ウサマ・ハムダン医学博士、FICS、グローバル・スマイル・ファウンデーション共同創設者兼社長

 

特に、専門医の治療から何マイルも離れているような世界の遠隔地の患者さんにとって、遠隔で専門家の手術指導を受けられることは大きな意味を持ちます。

 

国内はもとより、世界各地の専門家とつながることで、より高度な医療を受けることができるのです。これは、医療だけでなく、さまざまな専門分野にも当てはまります。 

 

ハムダン博士とグローバル・スマイル・ファウンデーションのチームは現在、裂孔治療と裂孔訓練のための包括的なトレーニングプログラムを組んでおり、Rods&Conesの技術は外科医のスキルをさらに向上させ、世界中のより多くの子どもたちに笑顔を取り戻すために役立っています。

 

また、患者さんとそのご家族のために、世界中でより安全な医療を提供するためのガイドラインを設定する機会もあると考えています。

営業に相談する