COVID-19の蔓延を防ぐための医療技術の役割

COVID-19の蔓延を防ぐための医療技術の役割

メドテックは、間違いなく、2021年に注視すべきトップテクノロジーの一つです。医療技術の最終目標は人命救助ですが、高い技術革新と持続可能な医療も目指しています。

メディカル・テクノロジーとは、医療技術を意味し、医療現場での体験や成果を向上させるための技術を用いた製品、サービス、ソリューションのことを指します。

Covid-19との戦い

コロナウイルスとの戦いが続く中 医療従事者が危険にさらされていることが報告されています。.
手術室(OT)では、すべての器具の滅菌に努めていますが、外科医が接触する人が多ければ多いほど、感染のリスクは高まります。
そのため、外部の専門家と連絡を取る必要がある外科医がOTで使用するために特別にカスタマイズされたスマートグラス「Surgery Assistance」のようなイノベーションが、コロナウイルスやその他多くの感染症の広がりを大幅に減らす可能性があるのです。

命を守ることは、ライフラインを守ること

医師、看護師、事務員、機器専門家、外科医などの医療スタッフは、入院患者がどのような状況でも最善の治療とケアを受けられるよう、たゆまぬ努力を続けています。

しかし、いざというとき、最適な人数を確保するためには、スタッフの病気や感染を防ぐための対策が必要です。医療スタッフにできる予防策は数多くありますが、根強く残っている黄金律は、患者さんとの物理的な接触をできるだけ少なくすることです。

しかし、より複雑な手術の場合は、必ずしもそうとは限りません。また、手術にはチーム全体が関わることを考えると、医師が接触する人数を制限することは非常に困難です。

専門家の常時待機は必須

同じように、医療機器の専門家が出張する場合、病院に行く回数を少なくするようアドバイスされることがあります。しかし、彼らの専門知識はまだまだ必要とされているのです。

電話やメールで外科医やスタッフと連絡を取り合うこともできますが、手術中に行う対面での相談は重要な要素です。

また、手術の際には、長年の経験を積んだ主治医が呼ばれることが多い。彼らの存在は避けて通れないのです。

スマートなソリューション

会社員と違って、医療従事者はリスクの高い場所に行かなければならないので、外科医にリモートワークの可能性がないことは明らかです。

しかし、当社のスマートグラス「Surgery Assistance」のような医療機器により、インターネットに接続できる場所であれば、必要な専門医が報告できるようになりました。

外科医のスマートグラスからのライブカメラ映像を使って、デバイスの専門家や主治医は外科医が見ているものを正確に見ることができ、必要に応じて指導や助言を行うことができます-すべて、病院はもちろん、OTそのものに足を踏み入れることなく。

ウイルスが急速に蔓延する中、多くの患者を隔離することが急務となっていることから、遠隔コラボレーション技術は医療において重要な役割を担っていると言えます。

また、手術支援用メガネは、その時間と費用対効果を考えると、手術室での多くの専門家のやり取りを完全に変えることができ、病院や医療機器メーカーが毎年何百万ドルも節約できる可能性があります。

確かに長期的・短期的な解決策として検討する価値はありますね。

営業に相談する