トルコの胸部外科医のトレーニングにリモートアシスタンスサービスがどのように利用されているか

ドクター・ブグラッセン・リモート・アシスタンス・サービス

胸部外科医は、肺、胸壁、食道など、胸腔に関連する健康問題を治療します。イスタンブールのイェディクレ胸部疾患・胸部外科教育研究病院は、1970年から胸部疾患を治療し、1980年から胸部外科手術を行っています。

ブグラ・セゼン博士 は現在、同病院の胸部外科・胸部疾患准教授ですが、2021年6月に競合他社のスマートグラスを使ってみましたが、成果は限定的でした。そんな時、大手ヘルスケア企業からRods&Conesを勧められました。   

 

チャレンジ

"Rods&Conesのサービスは、手術部位をORや内視鏡システムの外に持ち出す機会があるので、気に入っています。"

- ブグラ・セゼン博士、イェディクレ胸部外科・胸部疾患准教授

近年の医療技術の進歩により、胸部外科医による胸腔内への低侵襲手術が可能になりました。胸腔鏡手術やビデオ支援胸腔手術(VATS)では、小さなビデオスコープと小切開、専門器具を使用し、患者の予後を改善し術後の痛みを軽減するのに役立っています。しかし、胸部手術の中には、開腹手術に適したものもあります。 

ブグラ・セゼン博士のような胸部外科の専門家にとっての課題は、医学生や他の医療従事者にいかに効果的に自分の専門性を示すかです。 

 

ソリューション

"Rods&Conesを使って、ロボット手術(ロボットハンドを使った手術)を撮影する予定です。"

- ブグラ・セゼン博士、イェディクレ胸部外科・胸部疾患准教授

ブグラ・セゼン医師は、遠隔支援サービスを利用することで、大学の研修医や他の研究者向けのウェビナーを通じて、胸部外科の技術を共有することができます。また、他の大学病院の専門外科医がRods&Conesの技術を使って同僚と経験を共有することを奨励し、ベストプラクティスを共有する文化を広く発展させることも推進しています。 

ロッド&コーン・キットの大きな利点は、手術をしながら質問できること、そして一般的に複雑で奥が深い手術でも、視聴者がカメラを変えてベストな状態で見ることができることです。 

手術室の中からの視点、外科医の視点、内視鏡カメラの視点を共有できることで、視聴者は全体像を把握することができます。また、術者の手元を見ることも非常に重要です。 

Rods&Conesで撮影した内容を録画することで、Sezen博士らはトレーニングビデオを作成することができます。また、外科医の専門知識の幅を広げ、特定の手術について他の外科医から観察・学習するために外科医が移動する必要性を減らすことができます。また、患者さんの位置や手術器具の効果的な配置方法などを学ぶこともできます。  

トルコ初の手術支援ロボットアーム手術の創始者であるSezen医師は、Rods&Cones社の遠隔手術支援技術を利用して、最先端の技術をより多くの人に伝えようとしています。将来的には、外科医がこの技術を利用して、より複雑な手術の共同作業を改善し、世界のどこからでも見識や助言を共有できるようになるだろうと、彼は考えているのです。  

関連記事

営業に相談する