助けが来るまで。手術の専門家が常に待機していること

外科医は孤独な職業のように感じられるかもしれませんが、手術室(OR)では決して本当の意味で孤独ではありません。特に、リモートアシスタンスソリューションがある場合は、なおさらです。実際、計画的な手術であれ、計画外の手術であれ、時には合併症が発生し、患者にとって最善の結果を得るためには、専門家の指導が必要です。

しかし、現地の専門医が別の手術に携わっていたらどうでしょう?あるいは、夜中で専門家が眠っていたら?あるいは、手術が遠隔地で行われ、最も近い専門家が何マイルも離れている場合はどうでしょうか?時間は非常に重要であり、遅れは命を奪う。

なぜ時間が重要なのか

10年以上前から、病院までの距離が長いと、生命を脅かす可能性のある患者さんの死亡率が高くなることが認識されています。Emergency Medicine Journal(EMJ)誌に掲載されたある研究では、長距離の移動が死亡率を高めることが指摘されています。 1%死亡率の上昇 直線距離10kmごとに

このことを考えると、緊急時にタイムリーで正確な外科的介入を行うことの重要性は、特に特定の専門家が現場にいない、または利用できない場合に容易に理解できます。しかし、日常的な手術では、知識、技術、予期せぬ合併症など、外科医が仕事の障害に遭遇し、特定の詳細や技術についてセカンドオピニオンを必要とする場合にも、時間が関係することがあります。

どちらのシナリオでも、専門家のアドバイスをタイムリーに受けられるかどうかが、生死を分けることになるかもしれません。

ブリッジング・ザ・ギャップ

専門的な知識が現地にない遠隔地で手術を行う外科医にとっては、外部の助言を手術室に取り入れることが必要になります。これは、大学病院や大規模な医療施設に勤務する外科医であっても同様で、必要な専門知識が身近にあるわけではありません。なぜなら、時間帯や忙しさなどの外的要因によって、適切なタイミングで適切な専門家につながるとは限らないからです。そして、時間は刻一刻と過ぎていくのです。

関連する専門家を見つけることが可能であると仮定すると、電話によって会話が促進されますが、ライブビデオフィード、手術中の外科医の目線、および双方向オーディオコミュニケーションによって、遠隔地の専門家は、移動またはスクラブインする必要なしに、ORで同僚の作業を指導することもできます。同じ建物内にいても、別の大陸にいても、遠隔支援ソリューションは、距離と外科的知識のギャップを埋めるのに役立ちます。

24時間365日、専門知識をオンデマンドで提供

経験豊富な同僚に電話をかけて専門的な意見を聞くことも有用ですが、ORに電話をかけてもらうと、より効果的です。もちろん、緊急時には、専門家がその場にいることに越したことはありませんが、もし専門家がすぐに対応できない場合はどうしたらよいでしょうか。座って待つか、遠隔地の専門家を呼び寄せるか、2つの選択肢があります。

例えば、現地の専門家が病院を離れていて、待機しているとします。電話を受けたら、現場に到着するまで30分以上かかり、さらにスクラブインに10分ほどかかるかもしれません。45分程度の遅れを想定しています。

その間、Rods&Conesの遠隔支援ソリューションを使って、手術室にいる手術チームは、世界のどこかにいる別の利用可能な専門家に連絡を取り、待機中にオンデマンドでアドバイスを受けることができるのです。さらに、緊急事態が発生した場合には、遠隔地の専門家が同僚の手術の指導にあたることも可能です。

専門医が直接手術室に到着すると、手術の進行を監督し、必要であれば支援することもできます。重要なのは、時間を無駄にすることなく、患者が可能な限り最短の時間で最善の治療を受けられることです。

手術室や野戦病院に24時間365日オンデマンドで専門知識を提供することに興味がありますか? デモを予約する:.

営業に相談する