外科手術に特化したリモートソリューション

外科手術に特化したリモートソリューション

外科医が抱える最大の問題、そして彼らの仕事の最も重要な側面のひとつは、基本的に無菌環境に閉じ込められていることです。

もちろん、手術室には余裕がありますし、適切な器具を渡したり、必要なアシストをするアテンディングスタッフのサポートもあります。しかし、いざとなると、外科医対手術ということになるのです。


そうでなければならないのです。病院は手術室(OR)や集中治療室(ICU)に立ち会える人をより厳しく制限しており、それはすぐには変わりません。

これが外科の世界の現実であり、患者さんのニーズが何よりも優先されなければならないものであることを受け入れなければなりません。患者さんの安全を守ることは、必要なスタッフ以外を手術室から出さないことを意味します。

ブレイキング・ザ・サイレンス

しかし、Rods&Conesでは、そうであってはならないと考えています。外科医に能力がないわけではなく、その逆なのです。しかし、特定の医療機器に関する問い合わせや、その分野の専門家の意見を聞く場合、外科医は、たとえほんの一瞬でも、今いる環境や目の前の仕事を大きく崩すことなく、他の人に相談できる必要があるのです。

そのために、私たちは スマート手術支援メガネ を開発し、外科医の現実を補完しています。滅菌済みスクラブの下に装着する電話に接続し、「電話をかける」代わりに、眼鏡を特定のQRコードに向けるだけで、製品の専門家や上級外科医に即座に接続して質問することができるようになるのです。

外科医のためのコントロールと視認性の向上

しかし、通信自体は外科医が(メガネに触れることなく)コントロールしますが、遠隔地にいる人はメガネに内蔵されたカメラとズーム機能により、見るものを完全に技術的にコントロールすることができます。彼らは、外科医が見ているものすべてを見ることができ、それ以上のものを、仕事を中断することなく見ることができます。

この点で、メガネは、執刀医やデバイスの専門家が手術室内にいる場合よりも、さらに高い視認性を提供します。多くの場合、切開部分は非常に小さく、手術中の外科医は両手で作業するため、視界が制限されることがあります。実際、このような事実を考えると、メガネはより良い経験をもたらしてくれます。

最終的に、私たちはこのスマート手術支援メガネを、ある1つの市場に向けてのみデザインしました。それは、手術の現場で活躍するために特別に設計されたものです。それが、当初からの私たちの目標でした。

しかし、データ転送の安全性を確保するため、暗号化を行い、HipaaとGDPRの両方に準拠して、患者さんのセキュリティを保護し、不用意な侵害が起こらないように配慮しています。あらゆる面で、標準的なプロトコルを超えて、医療業界の非常に特殊な要件に対応することを追求してきました。そして、医療を取り巻く不確実性と変化が大きいこのような時代には、機器プロバイダーを信頼できるかどうかは、すべての心配事のうちで最も重要なことであるはずです。

Rods&Conesでは、一人でも多くの方のお役に立ちたいと考えておりますので、スマートサージェリーグラスをお急ぎの方は、下記までご連絡ください。 info@rods-cones.com.

営業に相談する